App Description

■ 初対面で相手のホンネを見抜くテクニックを大公開!
■ 「企業の面接官」「銀座のホステス」「経営コンサルタント」「離婚弁護士」に聞く
■ 人は見かけがすべて!? あなたは周りからどう見られていますか!?
■ 面接官はウソを見破り貴方を丸裸にしてしまう! どう見破っているの!?

● 行動に隠された裏の意味とはいったい何なのか?!
⇒ 作り笑いをすぐ見抜くポイントとってどこを見ればいいの?!
⇒ 「要するに…」を多用する人は自己中心?!
⇒ 履いている靴を見ただけでここまで人間性が読み取れる!
⇒ 日常で簡単に出来る見抜く力をアップさせるトレーニング!
⇒ 相手の質問の狙いを見破る!

● 視線が左右に動く、テーブルを指で叩く、横目でチラチラ見る等、
  行動から相手の心理を知り、そのコミュニケーションを支配する!

◆ 話の内容がどんどん飛ぶのはアイデアが豊富だから?!
◆ 鍋奉行タイプは自己中心的な性格の人が多い?!
◆ 声や話し方にも本音を読み取るヒントが潜んでいる!

恋愛、友情、結婚、就職…人生は人との出会いで大きく左右されます。
もし既に自分が「人を見抜く技術」をもっていれば、
人生が大きく変わっていたかも知れません。
本書はプロの話や専門的な心理学の応用によって、
人を見抜くテクニックの数々を網羅しています。

今後の人生は、見破られる立場から、見破る立場になりましょう!
知識と知恵を身に付けることでコミュニケーションに達人になりましょう!
人を見抜く技術があれば、人生はもっと豊かになるはずなのだから、、、。

書籍定価580円

■目次
・はじめに

●第1章 プロローグ・プロはこうして人を見抜く! 
・採用のプロ 「企業の面接官」に聞く
・接待のプロ 「銀座のホステス」に聞く
・会社経営のプロ 「経営コンサルタント」に聞く
・夫婦を見抜くプロ 「離婚弁護士」に聞く
・第一印象で見抜くプロ 「受付嬢」に聞く
・パーティーで見抜くプロ 「パーティー・オーガナイザー」に聞く
・輝ける人を見抜くプロ 「芸能プロダクション社長」に聞く
・コラム 人を見抜くための名言集  PART1

●第2章 基本編・人を見抜くための5つの心得
・心得 その1 イメージを固定化してしまう「先入観を排除」すべし!
・心得 その2 まずは「目に見えるもの」から情報収集せよ!
・心得 その3 「声や話し方」にも本音のヒントが潜む
・心得 その4 「無意識のしぐさや動作」は本音の宝庫と心得よ!
・心得 その5 「短い言葉」にこそ人柄や性格が表れる!
・コラム 人を見抜くための名言集 PART2

●第3章 実践編・人を見抜くためのキーワード
○行動・しぐさで見抜く 手のひらを広げていればリラックス 手と手を組むのは拒絶のサイン
・小刻みにテーブルを指で叩くのは早く話を切り上げて欲しいという合図
・唇を触る行為は不安な精神状態の表れ
・体を抱きかかえるような腕組みは自己防衛 ヒジを突き出すのは批判的な腕組み
・相手に正面から向き合い体が左右対称の姿勢は緊張の証
・手を頭の後で組んで体を揺らすのはわかりやすい退屈の意思表示
・電車で端の席に座りたがる人は排他的な傾向が強い
・つま先が相手に向いているのは好意と関心の表れ
・足を組んでブラブラさせるのは強気な自信家タイプ
・貧乏ゆすりは不安の証 相手の弱気を見抜く手がかりにも
・ヒザをぴったり閉じているのはかなり緊張している状態
・機械的なうなずきの繰り返しは適当に聞き流している証拠
・合コンでのつまらなそうな態度は声をかけて欲しいのが本心かも
・正面に向き合って座るのは対抗意識を抱いている可能性大
・議長から最も遠い角の席に座るのは仕事に対して消極的な人
・電話中の無意味な落書きは満足を求めようとする代償行動
・相手のマネをする行為はその人に好かれたいという心理
・鍋奉行タイプは自己中心的な性格が多い

○会話・言葉で見抜く 頼みづらいことをOKさせたいとき最初は必ず「ちょっと……」という
・「どうせダメだと思うけど」は失敗して傷つくのを避けるため
・好きな人を悪くいうのも自分を守ろうとする反動形成の一種
・うわさ話という形で自分の感情を正当化する心理
・「ここだけの話だけど」は相手に優越感を持ちたいタイプ
・「すごい」「やっぱり」の多用は物事を深く考えていない証拠
・「要するに」を連発する人は自己中心的な性格であることが多い
・血液型や出身地の話で判断する人はコミュニケーション能力に自信がない
・私的な打ち明け話をするのは関係性を深めたいという思いから
・電話なのに頭を下げて謝るのは謝罪の気持ちを強く伝えるため
・失敗への言い訳から信頼できる人物かどうかを見抜く
・「あなたと私」ではなく「私たち」のほうが近接度は高い
・話の内容がどんどん飛ぶのはアイデアが豊富だから
・「忙しい」をやたらと口にするのは自分が有能だと思って欲しいから
・簡単に「絶対」を付ける人は意外に諦めが早い
・最後は必ず自分の話になるのは押しの強い自信家の証拠
・実力とは無関係な自慢話はコンプレックスの裏返し
・「ちょっとトイレに」はそろそろ会話を打ち切りたい合図
・「常識」を連発する人は幼稚でわがままな性格
・部下や家族が「別に」というときは欲求不満がたまっている
・いつも敬語で話そうとするのは本音の部分で相手を拒否している
・大声でバカ笑いするのは本心を隠そうとする演技
・言い換えや反復はウソをついている可能性大
・やたらと話題を変えたがるのはウソをつくストレスから逃れたいから

○表情で見抜く チラチラと見つめる視線は相手に好意を抱いている証拠
・相手を凝視して目を離さないのは攻撃的な感情の表れ
・否定的な感情を抱くと相手は視線を合わせなくなる
・横目でチラチラと見てくるのは軽蔑や嫌悪の可能性もある
・視線が右上を向いているのはウソのイメージを作ろうとしている
・まばたきの回数が多くなるのは不安な心境をごまかそうとする心理
・メガネの形や色からはその人の変身願望が読み取れる
・瞳孔が大きく広がるのは相手に好意を抱いているから
・長続きしない不自然な笑顔は単なる作り笑い
・本当の感情は顔の左半分に強く表れる
・髪の毛を黒く染めるのは若さへの未練があるから
・電車内で無表情でいるのは情報や刺激を減らすための手段
・笑っているのに口角が下がっていたら心の底では笑っていない証拠
・眉毛が逆ハの字で鼻が膨らむのは怒りを覚えている状態

○服装・身だしなみで見抜く 過剰なピアスや指輪は不安を和らげようとしている証拠
・靴に神経が行き届いている人は自己管理能力が高い
・サラリーマンがスーツを着るのは相手からの信頼を獲得するため 
・制服を着ることで性格まで変わってしまうことも
・好む色でわかるその人の性格や心理状態
・何年も同じ鞄を使い続ける人は頑固で臨機応変さに欠ける
・小物や持ち物にもこだわりや趣味が表れる
・帽子をかぶるのは自分の個性をより強調したいから
・女性が化粧するのは自信を獲得するため
・夜でもサングラスをかけるのは気が弱くて虚勢を張っている
・コラム 人を見抜くための名言集 PART3

●第4章 トレーニング編・見抜く力をアップさせるために
・STEP1 まずは人間に興味を持とう!
・STEP2 人と接する機会は自分で作る!
・STEP3 異分野の人と接してみよう!
・STEP4 相手の姿を具体的に想像しよう!
・STEP5 街で人間観察してみよう!
・STEP6 一歩引いて広く見るクセをつけよう!
・STEP7 相手の印象をメモしておこう!
・STEP8 自分が聞き役になろう!
・STEP9 飲み会の席でチェックしよう!
・コラム 人を見抜くための名言集 PART4

●第5章 教訓編・人を見誤る法則
・法則1 ダブルバインド効果
・法則2 同調性思考
・法則3 シンクロニー効果
・法則4 スティンザー効果
・法則5 ザイガルニック効果
・法則6 トップダウン推論
・法則7 ドア・イン・ザ・フェイス
・法則8 コントロール・イリュージョン
・法則9 予防接種効果
・法則10 間欠強化
・コラム 人を見抜くための名言集 PART5

■著者 雑学活脳研究会
■出版社 株式会社アントレックス
■書籍定価 580円

アプリ製作会社、株式会社アドベンチャー
iPhone電子書籍ランキング1位を獲得したアプリが55書籍以上あり
http://iphone.adventure-inc.co.jp/

App Screen Shots

(click to enlarge)

App Changes

April 13, 2013 Price Decrease: $3.99 -> $0.99
March 04, 2013 Initial Release

Other Apps From 株式会社アドベンチャー