App Description

◆◇電子書籍アプリ特別セール!5000本の数量限定50%オフ!◇◆
書籍定価1,000円がアプリ【大特価500円】

破産してわかった。
「やってはいけないこと」と「やるべきこと」

「起業」「創業」…。
こうした言葉からは、大いなる夢と希望を感じると思います。

以前に比べ、昨今のIT系起業の成功は
「ベンチャー企業」という言葉を定着させて
「起業」することをより一層身近なものとしました。

能力のある人であればあるほど、早く脱サラして、
自らの手で生きる糧を構築しようと行動を開始し始めました。

しかし、その現実はどうでしょうか?
結論から言えば、創業の2年後に2割弱しか
生き残っていない現実もあります。

●破産すれば血が出るというリアルな感覚が欠如している

より身近になった起業のおかげか、

・売れなければ涙も出る
・破産すれば血も出る

という感覚が起業を目指している
多くの方に欠如しているように思います。

そこで本書は、創業からはじまって
その事業を運営していく過程で直面する問題と、
その対処法という“泥臭い部分”に焦点を絞り、
「やってはいけない」ことと「やるべきこと」を明確にして、
起業を目指す方々が“継続できる事業経営者”に
なっていただくことを念頭におきながら記しました。

起業し維持していくことは、
「カッコ悪い作業のくり返し」であり、
それを成し得たとき初めて「カッコよく」なるものです。

■目次
●はじめに
・私は少額管財制度によって「死」の淵から甦った
・破産してわかった「やってはいけないこと」「やるべきこと」
・破産すれば血が出るというリアルな感覚が欠如している
・起業とは「カッコ悪い作業」のくり返し

■STEP1 起業を計画する
・本業(目的)の手段を決める
・優先順位の確認

■STEP2 スタートラインに立つ
・決断する
・規制緩和の裏を読む
・事業計画書を作成する
・資金の準備

■STEP3 立ち上げる
・所在地は戦略的に決める
・限られた資金は有効利用する
・商品を間違えるな
・名刺ひとつ作るにも気をつけることはある

■STEP4 営業する
・すべては営業からはじまる
・①交渉に出向く場合
・る②小売など直接販売する場合

■STEP5 宣伝する、情報収集・分析する
・媒体を決める
・情報の収集と分析

■STEP6 事業を拡大する
・従業員の採用
・従業員を教育する
・成長する組織つくり

■STEP7 業績を停滞させないために
・状況は変化を続ける

■STEP8 危機のサインと対応
・経営者が気づかない危機のサイン
・事業を整理して出直す

●あとがき

〈著者プロフィール〉

鈴木健介(すずきけんすけ)

1947年、滋賀県生まれ。レコードのディレクター、プロデューサーを経て、フリーとして独立。
次いでアメリカの大手保険会社の日本進出にともない参画1985年、脱サラして貿易会社を起業。
ロイヤルダッチやクレージュなど7社の総代理店となる。2001年、倒産・破産。翌2002年、破産停止。
身分回復と同時にアウトソーシング会社を起業。現在はアントレプレナーアドバイザーとして、企業の立て直しや起業家の支援を行いながら、著作活動や全国各地の商工団体で講演・セミナーをおこなっている。

App Screen Shots

(click to enlarge)

App Changes

December 14, 2012 Price Decrease: $3.99 -> $0.99
September 11, 2012 Price Decrease: $11.99 -> $0.99
September 05, 2012 Initial Release

Other Apps From HIDEKI KATO