What's New

Content update

App Description

「幸福とは何か」「人生の真実とは何か」「愛とは何か」を読者に痛烈に問いかける

【作品紹介】
○「髪─S子の肖像─」は執筆当時、その表現手法や作品構成の異質さなどから、賛否が大きく分かれた問題作。現代の若者の苦悩と挫折をテーマに、登場人物の精神世界・心の葛藤を繊細に描写し、「幸福とは何か」「人生の真実とは何か」「愛とは何か」を読者に痛烈に問いかける。「髪─S子の肖像─」の執筆当時から数年を経て、同作品への評価を下す時代が熟してきたのを受け、再び世に出ることに。
○同作品は主人公「僕」の独白形で始まり、彼の精神世界やもう一人の主人公「S子」の肖像が、過去と現在の時間軸が自由に交差して展開する物語が進行するうちに、鮮明に描き出されてくる。彼らが織りなす人生の未熟さは、確固とした時代背景の描写と相まみえ、一つの時代の証人として……あるいは、現代の若者のいち代弁者として、読者の胸にリアルに迫ってくる。

★テレビやグラビアなどで活躍中の腐男塾&中野腐女シスターズのメンバーで、マンガソムリエとしても有名な原田まりるさんは、同作品に登場する若者たちが直面する心の葛藤に注目して「心地悪さ残る『嫌悪感』の表現が、すごく繊細な作品…!」と絶賛。また、「人間の細やかな癖や挙動にスポットを当てた表現が、マンガ並みリアルで驚愕!」と、その表現手法を高く評価するとともに、腐男塾が2010年11月24日にリリースしたシングル「同じ時代に生まれた若者たち」と重ね合わせて、現代の若者の一人として同作品に共感を寄せる。

【著者紹介・著者プロフィール】
平野忠久(ひらの・ただひさ)
1971年、東京都板橋区生まれ。都内出版社に勤務。記者生活を送りながら、フリーで執筆活動をする。20歳台は広告代理店、旅行会社、建設会社、イベント会社、撮影スタジオなどアルバイトを含めて20業種以上に勤務しながら、創作活動を始める。30歳前に体調を崩して自宅療養をしていた時期に「現代の若者の姿」シリーズ4編を書き上げる。同シリーズは短編2作、中編1作、長編1作で構成され、「髪─S子の肖像─」は短編のうちの1つ。シリーズ4編は、いずれも現代の若者の苦悩と挫折をテーマに、登場人物の精神世界・心の葛藤を繊細に描写し、「幸福とは何か」「人生の真実とは何か」「愛とは何か」を読者に痛烈に問いかける。20〜30歳台を中心に幅広い世代から支持される一方、その表現手法や作品構成の異質さなどから、多くの批判があがった問題作でもある。シリーズの他作品は、「冬節の想」(短編)、「狭き扉で」(中編)、「犀の角」(長編)。

hiranoブログ
http://ameblo.jp/hirano928/
twitter
http://twitter.com/#!/Journalist_H

App Screen Shots

(click to enlarge)

App Changes

May 03, 2013 Price Decrease: $0.99 -> FREE!
February 28, 2013 Price Decrease: $19.99 -> $0.99
November 16, 2012 Price Decrease: $11.99 -> FREE!
December 28, 2010 Initial Release

Other Apps From 株式会社アドベンチャー