What's New

アメリカでの35年の実体験を元に生きた実例、知恵をつめた書籍
・今求められている、今までと違ったアプローチの方法とは!?
・資本金ゼロから始める起業の面白みとは!?
・人生の喜びや楽しみとは!?
・アメリカでのスモールビジネスとは
・会社を経営で失敗した人に必見!?
・グローバルに活躍したい人には更に必見!?
・日本とアメリカのビジネスの違いとは!?

App Description

●電子書籍"だけ"に新たに10項目を書き下ろし、圧巻の全100項目読み応えのボリューム!!
●iPhone電子書籍部門で 1位を獲得(2011年1月2日―1月8日 5月15日―5月20日)

■ アメリカでの35年の実体験を元に生きた実例、知恵をつめた書籍 ■
・今求められている、今までと違ったアプローチの方法とは!?
・資本金ゼロから始める起業の面白みとは!?
・人生の喜びや楽しみとは!?
・アメリカでのスモールビジネスとは
・会社を経営で失敗した人に必見!?
・グローバルに活躍したい人には更に必見!?
・日本とアメリカのビジネスの違いとは!?
特別価格 期間限定 書籍定価1,470円

■ ビジネス現場で今から役立つ生きた実例や知恵が満載! ■

■目次

●第1章 ゼロから始めるスモールビジネス
・1 自分の好きなこと、得意なこと、人が求めていること、人からよく頼まれること、これらがビジネスになる

・2 起業に向いているのは、勤め人としても優秀な人、どうしてもやりたいことを持っている人、まめな人、我慢強い人

・3 資金がないからビジネスが始められないというのはウソ。まずは何にいくら必要なのか、具体的に書き出してみる

・4 図書館は宝の山。まず自分がやりたい業界の専門誌を探して、業界の現状を調べよう

・5 良い商品だから売れるのではなく、売れるから良い商品だ。買い手の立場から商品を探すことが大事

・6 いかに少ない努力で立ち上げるかがポイント。ターゲットとする業界の流行っているお店をよく観察しよう

・7 まず成功しているところを模倣するのが効率的。自分独自のやり方をするのは、基礎ができてからでかまわない

・8 好きなことをビジネスにするには、そのための体制を作ればいい。入念な準備をすることが大切だ

・9 ビジネスの立ち上げに3年かかるというのはウソ。全力投球の3日で反応が出て、3週間で結果が出て、3ヶ月でビジネスの基盤ができる

・10 金もうけだけのために始めてもダメ。ビジネスで自分が何を成し遂げたいのか、しっかり自覚しよう

・11 立派なオフィスや設備など、見かけを気にせず、とにかくビジネスを立ち上げることにまい進せよ

・12 ビジネスの立ち上げで苦労するのは当たり前。そこから脱け出すための方法がある

●第2章 スモールビジネス経営の大切な心得
・13 スモールビジネスの経営は、家庭の主婦を見習って、何でもこなす覚悟が必要

・14 つまらなく無意味に見えるような仕事でも、どんなに小さな仕事でも、確実に成し遂げていくことで実力と信用が培われる

・15 ビジネスで成功するための王道はない。とにかく成功するまでやり続けることが大事だ

・16 スモールビジネスでは、社長の考え方や行動一つでビジネスの運命が決まってしまう

・17 経営者は大義名分、ビジネスのコンセプトをはっきりさせておくことが大事

・18 社員部下が最初から思い通りに動くことを期待するのは間違い。うまくいくまで我慢強く見守ること

・19 一つの固定した見方にとらわれず、物事をいろいろな角度から見る習慣を養おう

・20 問題が起こったときに「やり方はいろいろある」と決めてとりかかる癖をつけておくといい

・21 自分の能力の限界というのは、自分でいつのまにか勝手に作ったもの。いつでも壊すことができる

・22 スモールビジネスの経営者は、常に大手の競争相手を意識しておかないといけない

・23 目先の利益や自分の専門分野、目の前の物や現象にとらわれず、その向こうにある何かを見る力を身につけよう

・24 明日は誰にもわからない。明日に対してどんな気迫で立ち向かうかが、そのビジネスの盛衰を決定する

・25 決断には間違いがつきもの。いけないのは、決断を引き伸ばすこと

・26 もうかる人は、同じ物事を見ても、違うレベルで物事を見通すことができる

●第3章 成功するシステム作りの基本
・27 ビジネスを始めるときに大事なのは、ビジネスを拡大するためのシステムを用意しておく作ること

・28 ビジネス展開に応じた体制作りのポイントとは?

・29 スモールビジネスは、利益率より回転を重視したほうが基盤を確立しやすい

・30 単品でその商品に合った特殊マーケットに参入すると、基盤を確立しやすい

・31 スモールビジネスにとっていい人材とは、ハングリー精神が旺盛な人、学ぶ気のある人、柔軟性のある人、個性的な人

・32 ビジネスの盛衰は人で決まる。独り立ちできる人材を育てることが大事

・33 社員の能力を引き出すためには、より高度な仕事を任せるようにすること

・34 顧客リストは金の卵を生み出す大切な財産。顧客の志向に合わせ仕分けして有効に使おう

・35 お客様に続けて利用してもらうためには、必要なときに必要なことをしてあげるという、思いやりの心が必要だ

・36 取引相手の選択は慎重に。もう儲かっている相手と組むことが大事

・37 良い取引相手の条件と、悪い取引相手の出すシグナルとは?

・38 商品は「買い」で成否が決まる。買うべき商品をうまく買う技術を習得しよう

・39 価格設定の上手下手が、売上や利益に重大な影響を及ぼすのでよく研究しよう

・40 利益を十分に含み、お客様に納得してもらえる価格設定をしよう

●第4章 チャンスをつかむ経営の知恵
・41 スモールビジネスは、先制攻撃で動き回って、商機、勝機をつかめ

・42 これからは売上アップより利益アップの時代。ちょっと目先を変えれば利益を増やすことができる

・43 商品選別に時間をかけ、少しでも疑問のある商品は取り扱わないこと

・44 パートナーとのビジネスは空中分解しやすいので気をつけること

・45 競争することで力がつく。大事なのは、相手より優位な立場を維持すること

・46 流行品は追いかけても最大6ヶ月、または参入者の増加が感じられるまで

・47 年間を通じて顕著な出来事を把握しておき、それらに対する対応策を立てておこう

・48 忙しいのがいいこととは限らない。人の流れが一定したビジネスのほうが売上があがる

・49 新製品をうまく軌道に乗せるには、やはりマーケティングが大切

・50 最小のコストで最大の利益を可能にする、リピートオーダーとリファーラルを獲得するためには、顧客を無条件に大切にすること

・51 ビジネスの差別化とは、単によそと違ったことをすることではなく、よそが真似しようとしてもできないことをすること

・52 安く仕入れ高く売り、高く仕入れ安く売るのを可能にするのが付加価値創造

・53 「マイペースでやるからいい」では明日がない。自分のスピードが世の中のスピードに合っているかを常に確認しよう

・54 人を動かすには、感謝、ねぎらい、期待、励ましの一言が大事

●第5章 資金を無駄にしない「活きたお金」の使い方
●第6章 問題発生、行き詰まったときの解決策
●第7章 スモールビジネスの失敗例に学ぶ
●第8章 ビッグビジネスへと飛躍するために

・84 飛躍には、量的変化を求める場合と、質的変化を求める場合がある。どちらのアプローチがいいかよく考えること

・85 ビジネスを飛躍させるためには、再投資が大事

・86 リスクを取るときに重要なのは先への見通しを持つこと。見通しを立てるには情報、タイミング、スピード、現金が必要

・87 ビジネスの成長のためには創造的破壊が必要。そのためには、こだわりのある仕事や場所、業種、国から離れるのが一番有効

・88 ずか3人でも全米を相手にしたビジネスができる。それにはシステムをうまく作ることが大事

・89 低成長、不況時こそ、スモールビジネスが飛躍するチャンス。知恵を絞ってチャンスをつかもう
・90 会社が急成長しだしたときこそ、経営者は気をつけないといけない

●電子書籍用に新たに10項目を付け加えた、圧巻の全100項目

■著者 射手園達一(いてぞの たついち)
10歳より渡米を夢見て、1976年4月、32歳にしてやっとその夢を実現し渡米。日常雑貨、ギフト商品、リカーストアーアイテム、健康食品、健康器具、オフィスサプライ、ハードウエアーアイテムなど色々な商品でアメリカ社会進出に挑戦。成功と失敗を重ね今日に至る。現在、車アクセサリーの卸し業、ケータリング業のほか、各種スモールビジネスに関与。資金ゼロでの起業がモットー。1997年12月に一旗会を発足させ、在米日本人の職場創造と生活レベルアップをテーマとして目下奮闘中。

App Screen Shots

(click to enlarge)

App Changes

August 25, 2013 Price Decrease: $2.99 -> $0.99
May 23, 2013 Price Decrease: $13.99 -> $0.99
March 06, 2013 Price Decrease: $15.99 -> $0.99
December 23, 2010 Initial Release

Other Apps From 株式会社アドベンチャー