What's New

******** 変更点 *********
変更点は以下の2点となります。
・広告会社様の変更
・iconをRetinaディスプレイに対応

******** 概要 *********

本アプリはスロットの子役カウンター及び機種の設定値確認ツール 『無料版』となります。

事前に登録しておいた各機種の設定値を呼び出し、一画面でリアルタイムに子役出現率、及び子役設定値を
同時確認できる為、より勝率の高い立ち回りが可能となります。

使い易さにこだわった操作仕様となっていますので、是非お試しください。

******** 主要機能 *********

◆子役出現率、子役設定値を一画面にリアルタイム表示
 現在の子役出現率とそれに対する子役設定値が一度に確認できる為、より簡単に現在の設定予測が行えます。

◆3チャンネルのモードを切り替え可能
 「通常」「Bounus」「ART」と3チャンネルのモードで、出現率と設定値の確認が可能です。
 また、それぞれのチャンネルでカウント数を保持する為、保存の手間も必要なく、
 素早い出現率、設定値の確認が可能です。

◆打ち始めゲーム数自動計算機能
 開始ゲーム数を入力しておくだけで、総ゲーム数から自動計算した上で子役出現率の計算を行えます。
 今までは、メモを取る必要のあった開始ゲーム数を、特に気にする事なく素早くカウントを開始できます。

◆機種の設定値を新規登録、カスタマイズ可能
 本アプリには初期データとして、幾つかの機種の設定値が入っていますが、ご自分での新規登録、及び編集が可能です。

◆子役名の変更が可能
 機種ごとに必要となる子役は様々である為、ご自分で子役名も設定できるようになっています。
 その為、ご自分好みの子役名、及び設定値の編集が可能です。

◆一時保存機能
 本アプリには、一時保存機能がついている為、アプリを終了しても、前回カウントしたカウント数
 及び、設定機種の情報がアプリ起動時に、再表示されます。

******** 対応機種 *********
OS3.1以降のiphone

App Description

本アプリはスロットの子役カウンター及び機種の設定値確認ツール 『無料版』となります。

事前に登録しておいた各機種の設定値を呼び出し、一画面でリアルタイムに子役出現率、及び子役設定値を
同時確認できる為、より勝率の高い立ち回りが可能となります。

使い易さにこだわった操作仕様となっていますので、是非お試しください。

******** 有料版との違い *********
◆広告が表示される
 広告表示の為、Wifi,3G回線を使用し、ネットワークへの接続を行います。
 その為、有料版より処理が遅くなる恐れがあります。

◆ボタン配置、サイズが違います。
 広告表示の為、有料版とボタンの配置やサイズが変更されています。

******** 主要機能 *********

◆子役出現率、子役設定値を一画面にリアルタイム表示
 現在の子役出現率とそれに対する子役設定値が一度に確認できる為、より簡単に現在の設定予測が行えます。

◆3チャンネルのモードを切り替え可能
 「通常」「Bounus」「ART」と3チャンネルのモードで、出現率と設定値の確認が可能です。
 また、それぞれのチャンネルでカウント数を保持する為、保存の手間も必要なく、
 素早い出現率、設定値の確認が可能です。

◆打ち始めゲーム数自動計算機能
 開始ゲーム数を入力しておくだけで、総ゲーム数から自動計算した上で子役出現率の計算を行えます。
 今までは、メモを取る必要のあった開始ゲーム数を、特に気にする事なく素早くカウントを開始できます。

◆機種の設定値を新規登録、カスタマイズ可能
 本アプリには初期データとして、幾つかの機種の設定値が入っていますが、ご自分での新規登録、及び編集が可能です。

◆子役名の変更が可能
 機種ごとに必要となる子役は様々である為、ご自分で子役名も設定できるようになっています。
 その為、ご自分好みの子役名、及び設定値の編集が可能です。

◆一時保存機能
 本アプリには、一時保存機能がついている為、アプリを終了しても、前回カウントしたカウント数
 及び、設定機種の情報がアプリ起動時に、再表示されます。

******** 対応機種 *********
OS3.1以降のiphone

******** バージョンアップ *********
初期データとして、機種データを登録済みですが、随時マイナーアップデートにて追加登録を考えています。
その他、追加機能要望等ございましたら、カスタマーレビュー等に書き込み頂ければ、できる限り善処致します。

App Screen Shots

(click to enlarge)

App Changes

May 24, 2013 New version 1.1
October 12, 2010 Initial Release